【草コイン3】Bancor(BNT)とは?買い方・特徴は?将来性はある?

こんにちは!

今回から、イスラエル系の草コインをどんどんご紹介していきます!!

あまりイスラエル系の仮想通貨、草コインは日本人にとって馴染みがないかもしれませんが、イスラエルでは今物凄いICOブームなのです。

まさに、イスラエルと言えばユダヤ人。

ユダヤ人のの国民性で失敗を恐れずどんどんチャレンジしています。

僕も失敗を恐れずどんどんチャレンジしていくところを見習っていきたいですね。

今回は、そのイスラエル中でも最大級に 資金をICOで集めた『Bancor(BNT)』について考察していきます。

『Bancor(BNT)』とは?

『Bancor(BNT)』とは、イスラエルを代表する新興国企業で、なんとICOによって約170億円もの金額を集めました。

この金額まで行くと、さすがに集まりすぎですよね。笑

しかし、『Bancor(BNT)』がチャレンジしようとしている事はすごく面白い事で、自分の中ではすごく注目しています!!!

まず、このコインによってどのような問題を解決して行こうとしているのかというと、『暗号通貨売買における流動性の悪さ』です。

これはすごく深刻な問題で、暗号通貨(仮想通貨)では売りたい人と買いたい人が同じ時間にいなければ、基本的には売買は成立しません。

なので、「買いたいけど買えない人」と「売りたいけど売れない人」という二者が流動性の低い草コインなどではとても多くいる、というのが現在の深刻な問題なのです。

例を出して説明すると、流動性の悪さと言えば、最初に浮かんでくるのは『VALU』ではないでしょうか。

わかりやすく「VALU」を使って説明します。

これはホリエモンさんの板です。

赤が売りたい人で0.01で売りたい人たちがいます。

一方で緑は買いたい人で0.0051なら買ってもいいよって人たちがいます。

この価格が成立した時に初めて売買成立となります。

この売買が成立しないことを流動性が悪いといいます。

もっとわかりやすく説明をすると、オークションサイトやアプリで

出品者は『100円』で売りたい。しかし、買いたい人は50円で買いたい。

つまり、この二者間では売買が成立せず、流動性が悪いですよね。

この問題を『Bancor(BNT)』は、面白い切り口から解決しようとしてます。

 

『Bancor(BNT)』の特徴は?

通貨名(通貨単位):Bancor(BNT)

最大供給量:80,036,199 BNT

現在の供給量(記事作成時):40,524,647 BNT

公開日:2017年2月13日

公式サイト:https://bancor.network/

 

『Bancor(BNT)』のプロトコルは「スマートトークン」と呼ばれる新たなタイプのデジタルコインを、誰でも生み出すことを可能にしています。

これは、VALUのような考え方ですね。誰もが自分のコインを発行する事ができます。

バンコールと共に上場を望むあらゆる仮想通貨の価格を自動的に値付けして売買する取引所では、そうした通貨にバンコールのトークンでの引き当てがあり、マーケットメークのための十分な流動性を常に備えることになるとしています。

簡単にいうと、そのコインを貯めておくという事です。

そして、買いきた人がいたら、すぐに売ってあげ、流動性を常に高い状態をキープするということです。

バンコ-ル共同創業者のエヤル・ヘルツォグ氏は「これが実際に流動性を保証する」と電話インタビューで語りました。

実際に、この発想はすごく面白いと思います。

でも、170億は少し集めすぎじゃないかと叩かれることもよくあるようです。

『Bancor(BNT)』の価格推移

最近の価格はどんどん上がってきていますね。

現在は1BNTが1000円前後ですね(2018.1.12現在)

個人的にはこのようなプロダクトがしっかりあり、すでに動いているような通貨が上位にくるべきではないのかと思います。

反面、草コイン量産国であるイスラエルの中で、草コインもためのツールとして使われることがほとんどの現状です。

これからどんどん実用性が増すような主要なコインと、どんどん連携の話が出てくると価格は自ずと上がってくるのではないでしょうか。

『Bancor(BNT)』の買い方や取引所は?

『Bancor(BNT)』を扱っていう取引所はたくさんありますが、一番は多いのはBinanceです。

Binanceは現在、世界一の取引高を誇っており大変使いやすい取引所になっております。

海外の取引所などではbittrexなどの大きな取引所でも新規の口座開設をストップしたりしているので、登録できるうちに登録しておくのが吉かなと思います。

前回、登録の仕方も書きましたので、参照くだい。
世界NO.1取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法解説!

それではまた!