【暴落?暴騰?】仮想通貨が下落している理由をまとめてみた!!

最近、仮想通貨の暴落が凄いですね!!

どんどん下がっていく・・・

現在、仮想通貨市場全体で41.5兆円です。

これは、2018年1月14日の93兆円から、約三週間で50兆円以上が市場から抜けていった計算になります。

新年になってから、突如としてマイナス材料が連続でおこりましたよね。こんな相場、誰にも予想できる事なんかできないでしょう。笑

今も下げ相場真っただ中だと思いますが、暴落原因をじぶんなりにまとめてみました!!

米証券取引委員会(SEC)の規制

米証券取引委員会(SEC)が2017年12月にICOを規制と摘発をすると発表しました。

しかし、この時のこのニュースは日本にとってほとんど関係ない話で、相場も上がっていたので、大部分の人は気にしなかったのではないでしょうか。

ちなみに、この時からアメリカ国民はICOへの参加が禁止されています・・・

中国政府のマイニング規制強化

中国政府が2018年1月にマイニングの規制を強化するというニュースが出回りましたね。

しかし、このニュースは焼き増しされたニュースで、2017年秋頃から規制は強化されていたのです。

なぜ、焼き増しされたニュースが再び上がってきたかと言うと、仮想通貨市場が盛り上がってくると、ある一定数の必ず不安材料が書かれているニュースを拡散しようとする層がいるのです。

「中国がビットコインのマイニングから撤退したら、ビットコインはやばいんじゃない??」と仮想通貨市場に不安が走る事でしょう。

しかし、、中国でマイニングしていたマイナーはすでに他の国に拠点を移すべく、海外拠点を増やしていました。

マイニングは電気代がとてつもなくかかるので、電気代が安い国でマイニングし始めるマイナー達が多く、ビットコインネットワークが無くなるというようなことは起こりえません。

韓国政府が仮想通貨市場の規制強化

「韓国で規制」というニュースが流れると「韓国で仮想通貨が禁止になる!?」と勘違いする人がいますが、規制は禁止ではありません。

韓国の仮想通貨取引所は、日本の様に登録が厳しくなく、匿名登録を許していました。

そういう仮想通貨取引所に対して「実名登録方式にしなさい」と規制をかけただけです。

日本の仮想通貨取引所では当たり前にやってる事を韓国もただやるだけです。

とわいえ、韓国の金融大臣が「取引所を禁止にすることも検討している」と発言した事があり、「どうなるんだ?」と市場に不安が走ったのも事実です。

署名運動まで広がりましたよね。

フェイスブックが仮想通貨関連(ICO)の広告を禁止

フェイスブックが仮想通貨関連(ICO)の広告を全世界で禁止にしました。

ICOは詐欺による被害が多いからです。当たり前のことと言えば当たり前ですね!

コインチェック社のNEM盗難事件

コインチェック社のNEM盗難事件が起こりました。

日本の仮想通貨市場は盛り上がっていたい中の事件で、約580億円相当のNEM(ネム)が盗まれました。

因みに仮想通貨市場での過去最大の盗難事件です。

他のマイナス材料がどうでもよくなると感じるくらいの大きなマイナス事件です。ここから一気に日本市場が冷え込み始めました。

インドの仮想通貨禁止誤報

インドが仮想通貨を禁止する誤報が2018年2月頭にありました。

この誤報が出た時に、ビットコインは相場を下げることになりました。

ここ1、2か月でこんなにもマイナス要因の材料が出たしまった事で仮想通貨市場が冷めてしまった雰囲気を感じます。

年末年始から仮想通貨市場に参入してきた人は、散々な市場を目の当たりにしてしまったのではないでしょうか。

こういう場合は、上がった下がったに一喜一憂するのではまく、しばらくは冬眠させる勢いも大事ですね!

しかし、こんなマイナスな材料だけではありませんよ!!

LINE株式会社が仮想通貨事業へ参入を発表するニュースを出していたので、どこかのタイミングできっと仮想通貨市場は盛り上がると思います。

皆さんが気がかりなのは、上がるとしても実際に今、ビットコインがどこまで下落するかではないでしょうか。

ビットコインの送金詰まりは大分減りましたが、それでも10分ほどで着金させるためには1000円近い手数料を払う必要があります。

識者さんが「もっと安くて大丈夫」という発言をしていますが、その通りにやってみたら着金まで4時間かかりました。

今年になってからは「ビットコインってまともに使えない通貨なのでは?」という認識が広がっているように感じます。

実際、LN(ライトニングネットワーク)が常用で稼働できるまではまともに使えるものではありません。

一時期はUSDでのビットコイン購入がJPYを抜きましたがUSD購入が冷え込みました。

先物市場での「期待買い」が終わったのではないでしょうか。

ビットコインドミナンスも35%まで減少しています。

 

しかし、ここで大幅に伸ばしていたのがイーサリアムです。

2ケ月前のイーサリアムのドミナンスは、たった一桁%でした。

国外取引所ではETH基軸を採用している取引所も増えたので、BTCではなくETH送金をしている人も増えています!

仮想通貨市場におけるETHの将来への期待値はとても高いので、大きな脆弱性などが発見されるような出来事が起こらない限り、安定~高騰すると僕は考えています。

次のハードフォークでCasperに移行すればETHの新規発行は終了してしまいます。

多くのETHを保持している人ほど手数料を得られる仕組みなので、「買い」集める人が増加し、当然集めると流通量が減少するので、価値も上がるのではないでしょうか。

その証拠にETHのUSD買いも増えています。

【Zaif】ビットコインを7人に0円で販売!?

ビットコインやモナコイン、その他国内取引所では扱っていないコインなど、ありとあらゆる仮想通貨の売買ができる取引所はZaif(ザイフ)です。

最近だと、テレビCMに剛力彩芽さんを起用し、広告費をかけ自社PRに力を投入しているZaifですが、利用者からの信頼を失うトラブルが多発しており、炎上状態が続いています。

0円でビットコインを販売!?

特に酷い重大トラブルは、2018年02月16日 17時40分頃 ~ 17時58分頃にビットコインを0円で販売してしまうという問題を発生させています。

その額はビットコインの総額約2246兆円ともいわれております。

そもそもビットコインの総枚数を超えています。つまり、これは「ノミ」行為ではないでしょうか。

現在は、ビットコインを0円で購入できた7人の内、6人とは対応が完了していますが、残りの1人とは現在も対応中との事です。

これから仮想通貨を購入する場合は、確かに価格がどれも低く買いやすいかもしれませんが、長期的な視線でよく観察し買われることをおすすめします!!

市場の冷え込みはどうにもなりませんが、いつ回復基調になるかも分かりませんしね。