仮想通貨リップル(XRP)とは?価格・特徴・将来性・最新情報を解説!

アルトコインとして知名度と人気を誇るのは「リップル(XRP)」ではないでしょうか。

そしてリップル(XRP)の将来性に期待している人が多く、2017年は大幅な値上がりを達成しました!

なかでも2017/12/13はリップル(XRP)にとって、そしてリップル(XRP)を握りしめているリップラーにとって歴史的な日となりましたよね。

詳しくは後ほどご紹介致します。

そこで、2018年以降、リップル(XRP)はどうなっていくのか、今後のリップル(XRP)に関する考えについてまとめてみました!

そして僕自身が実際に仮想通貨を運用をしながら情報収集する中で「リップル(XRP)」の人気の裏付けには十分過ぎる程、将来性があることがわかったのでここにまとめておきます。

 

仮想通貨リップル(XRP)とは?

リップル(XRP)の将来性の話の前にリップル(XRP)について簡単にまとめてみました

皆さん何気にリップル、リップルと読んでいますが、リップルは通貨の名前ではありません。

リップルは銀行の国際間送金の手数料の大幅な削減や高速化システムを開発するベンチャー企業「 Ripple, Inc.(リップル株式会社)」で、リップルが発行している通貨をXRPといいます。

他の仮想通貨と違う点は、リップルという発行母体がある中央集権的な仮想通貨で、銀行などの既存の権力構造で使われる事を前提にされています。

中央集権的な仮想通過である点が批判の的となる事がありますが、一方で、熱狂的な支持者も多く、日本でのSNSではリップルコミュニティーは非常に大きいです。

熱狂的な支持者が多い理由としては、リップル(XRP)の持つ大きな可能性にあります。

リップル(XRP)を購入可能な取引所はコチラ!

リップルが目指すのは『価値のインターネット』!?

リップルは、国際間送金の手数料の大幅な削減や高速化を進める事を目指し、世界中の銀行と協働しています。

インターネットを通して情報が瞬時に移動できるのと同じように、マイクロペイメント(少額送金)や価値が手軽に移動することを可能にし、「価値のインターネット」を実現することを目指しています!!

簡単に言うと、リップルが発行する『XRP』という仮想通貨を使って国際間送金や国内送金を簡単に低コストでしましょうという事です。

皆さんは海外旅行に行く時、日本円を旅行先の通貨に両替してから行きますよね。

手数料はバカ高いし、両替出来る場所が限られていてとても不便な思いをしたことは有りませんか?

それが図のようにXRPという仮想通貨を使う事で、ありとあらゆる通貨と交換が可能になります。

リップルが考えていることはこちらの動画を見てみて下さい。

この仕組みこそが他の仮想通貨と決定的に違うのです。

また、リップル(Ripple Inc.)は、ニューヨーク州における仮想通貨ライセンスである「BitLicense」を2016年6月14日に取得し、機関投資家を対象としたデジタル資産として初の認定を受けています。

リップルは世界中の金融機関と提携している

リップル社の公式サイトによると提携金融機関は100社を超えています。

因みに提携金融機関の一部のロゴですが、見覚えのある日本のメガバンクのロゴも入っていますね!!

10月10日付のリップル社公式アナウンスによると提携銀行が100社を超えた事や送金が本番環境にて実現したことが書かれています。
参考:RippleNetに参加する金融機関が100行を突破

そして日本のメガバンクも着実に動きだしています。

日本では、三菱東京UFJ銀行が2018年初から、リップルが持つ技術を活用し、国際送金サービスを始めることを発表しました。
参考:三菱UFJ、送金効率化へ世界連合 米欧豪6行と18年[2017年3月31日]日本経済新聞

そして日本の銀行で一番リップル(XRP)と 関わりのあるのはSBIグループです。

2017年4月27日にSBIホールディングス㈱主導の元で「内外為替一元化コンソーシアム」が起ち上がり、専門のワーキンググループも設置されました。
参考:「内外為替一元化コンソーシアム」のプロジェクト制への移行について

なによりも注目すべき点は、参加企業の数ですが61行も参加しています!!

プロジェクト参加企業一覧(一部抜粋)
・株式会社新生銀行・住信SBIネット銀行株式会社・スルガ銀行株式会社・株式会社セブン銀行・株式会社みずほフィナンシャルグループ・三井住友信託銀行株式会社・株式会社三菱東京UFJ銀行・株式会社横浜銀行・株式会社りそな銀行・株式会社三井住友銀行・株式会社ゆうちょ銀行