【完全版】ゼロからわかるビットコイン原文解説!(第1章)

 

こんにちは!大田です。

前回の記事に続き今回も、ビットコイン原文を解説して行きたいと思います!

【完全版】ゼロからわかるビットコイン原文解説!(概要編)

この記事をまだ読んでない方は、この記事から読み進めてください。

それでは、第1章から解説して行きます。今回から英語の原文を翻訳して行きたいと思います。

1. Introduction

1. Introduction

Commerce on the Internet has come to rely almost exclusively on financial institutions serving as trusted third parties to process electronic payments. While the system works well enough for most transactions, it still suffers from the inherent weaknesses of the trust based model. Completely non-reversible transactions are not really possible, since financial institutions cannot avoid mediating disputes. The cost of mediation increases transaction costs, limiting the minimum practical transaction size and cutting off the possibility for small casual transactions, and there is a broader cost in the loss of ability to make non-reversible payments for nonreversible services. With the possibility of reversal, the need for trust spreads. Merchants must be wary of their customers, hassling them for more information than they would otherwise need. A certain percentage of fraud is accepted as unavoidable. These costs and payment uncertainties can be avoided in person by using physical currency, but no mechanism exists to make payments over a communications channel without a trusted party. What is needed is an electronic payment system based on cryptographic proof instead of trust, allowing any two willing parties to transact directly with each other without the need for a trusted third party. Transactions that are computationally impractical to reverse would protect sellers from fraud, and routine escrow mechanisms could easily be implemented to protect buyers. In this paper, we propose a solution to the double-spending problem using a peer-to-peer distributed timestamp server to generate computational proof of the chronological order of transactions. The system is secure as long as honest nodes collectively control more CPU power than any cooperating group of attacker nodes

今回も変らず、一行ずつ解説して行きます。

Commerce on the Internet has come to rely almost exclusively on financial institutions serving as trusted third parties to process electronic payments.

Commerce・・・取引、コマース
rely・・・頼りにする
exclusively・・・排他的に
financial institutions・・・金融機関
trusted third parties・・・信頼できる第三者
process・・・過程
electronic payments.・・・電子取引

これは、そのままですね。

インターネット上の取引は、電子取引の過程で、金融機関のような信頼できる第3者をほとんどの場合頼っている。

アマゾンで買うときも、クレジットを使ってます。送金する際に銀行を使っていまね。

そんな、銀行やクレジット会社のような信頼できる第3者のような不正がないかしっかり監視してくれるような中央機関がなければ今まではインターネット上の取引はできませんでした。

はい。

次!

While the system works well enough for most transactions, it still suffers from the inherent weaknesses of the trust based model.

While・・・間、中
enough・・・十分
most transactions・・・ほとんどの取引
suffers・・・苦しむ
inherent weaknesses ・・・固有の弱点
the trust based model・・・信頼に基づくモデル

これもそのままです。

ほとんどの取引には、十分にこのシステムは機能するのだが、信頼に基づくモデルがゆえに固有の弱点にまだ苦しんでいる部分もある。

次。

Completely non-reversible transactions are not really possible, since financial institutions cannot avoid mediating disputes.

Completely・・・完全に
non-reversible ・・・非可逆性
transactions・・・取引
possible・・・可能
avoid・・・避ける
mediating・・・仲介する
disputes・・・抗争

金融機関は抗争の仲裁を避けて通ることはできない。となっていますが、この意味は、一度金融機関を通すしかない(取引の仲介)ので、完全に改竄できないような取引はできないという意味だと思います。

つまり、

完全に非可逆な取引は、不可能です。なぜなら、金融機関は、取引を仲介することを避けることはできない。

 

The cost of mediation increases transaction costs, limiting the minimum practical transaction size and cutting off the possibility for small casual transactions, and there is a broader cost in the loss of ability to make non-reversible payments for nonreversible services.With the possibility of reversal, the need for trust spreads.

The cost of mediation ・・・仲介コスト
increases ・・・増える
transaction costs・・・取引コスト
minimum practical transaction size・・・最小取引
cutting off・・・失われる
possibility・・・可能性
small casual transactions・・・少額取引
broader・・・より広い
nonreversible services・・・非可逆的サービス
reversal・・・可逆的

可逆性と非可逆性

何度も出てくる単語なので、日本語をしっかり確認しておくと、可逆性は行ったり来たりできる。非可逆性は一回行くと帰ってこれない。という感じで、非可逆性がいいと言っているのは、一度取引を確認し、記録するとその記録はもう誰も書き直すことはできない。つまり、それが非可逆性のものが信頼できるという意味です。

 

つまり

仲介コストが取引コストを引き上げることで、小さな取引はできなくなり、小さい額の取引の可能性は失われます。さらに、非可逆的サービスに対する非可逆的支払いを提供できないことは広い範囲に損失を与えてしまう。そして、可逆的な取引を扱うためには、信用が問われます。

 

Merchants must be wary of their customers, hassling them for more information than they would otherwise need. A certain percentage of fraud is accepted as unavoidable.

 

Merchants・・・商業主
wary ・・・注意深く
customers・・・客
hassling・・・面倒な
certain percentage ・・・一定の確率
fraud・・・詐欺
unavoidable.・・・されることができない

カウンターパーティーリスクというものですね。カウンターパーティーリスクとは、人に任せたり、銀行に預けたり、何かをお願いしたりすると絶対について回るのです。

このカウンターパーティーリスクを減らすのが信用です。あの人は前頼みごとをしたら、しっかりとやってくれたから今回もやってくれるだろう。そうやって、信用度は高まり、カウンターパーティーリスクは下がります。

 

商業主は顧客に対し用心深くないといけないし、顧客から多くの情報を求めることになります。そして、それは一定の割合のカウンターパーティーリスクは避けられないものとして受け入れられていくしかないよね。

可逆的な取引においては、どうしても一定数のカウンターパーティーリスクがつきまとうことになるのです。

 

These costs and payment uncertainties can be avoided in person by using physical currency, but no mechanism exists to make payments over a communications channel without a trusted party.

costs 損失
payment uncertainties 支払いの不確さ
physical currency 有形通貨
mechanism 機構
exists  存在する
communications channel 通信チャンネル
trusted party 信頼できる機構

 

 

現金を使えば、安全性や支払いの不確実さは、なくなるけど、第3者を経由しないと送金も支払いもできないから、カウンターパーティーリスクはつきまとうよね。

 

What is needed is an electronic payment system based on cryptographic proof instead of trust, allowing any two willing parties to transact directly with each other without the need for a trusted third party.

What is needed 必要なこと
electronic payment system 電子取引システム
based on 元付いた
cryptographic proof 暗号化された証明
transact directly  直接取引する
each other お互いに

これを解決するのがビットコインアルゴリズムである!どん!

 

これを解決するのがビットコインアルゴリズムである!どん!
この仕組みを使えば、希望する二者が信用できる第三者機関を介さずに直接取引できるようになるよ!

 

Transactions that are computationally impractical to reverse would protect sellers from fraud, and routine escrow mechanisms could easily be implemented to protect buyers.

computationally コンピュータ的に
impractical  実用的
reverse 逆
routine 習慣的な
escrow 預託
implemented 実現される

この改竄できない仕組みは売り手を詐欺から守り、容易に実施できるプルーフオブワークより買い手も守られる。

プルーフオブワークは概要で説明したので、買わない方は最初から読んでください。

In this paper, we propose a solution to the double-spending problem using a peer-to-peer distributed timestamp server to generate computational proof of the chronological order of transactions. 

double-spending problem 二重支払い問題
distributed  配布された
timestamp server タイムスタンプサーバー
generate 生成する
chronological 時系列的な
order  注文

 

この論文では、時系列取引のコンピュータ的証明を作成するP2P分散型タイムスタンプ・サーバーを用いた、二重支払い問題の解決策を提案します!どん!

二重支払問題も前回説明したものです!

The system is secure as long as honest nodes collectively control more CPU power than any cooperating group of attacker nodes

secure 安全だ
honest nodes 良心的なノード
collectively 集合的に
cooperating group of attacker nodes 攻撃者グループ

本システムは、良心的なノードが集合的に、攻撃者グループのノードを上回るCPUパワーをコントロールしている限り安全であると言えます。

これは、51%問題のことですね!

疲れましたね。

僕もあんまり英語は得意ではないので疲れますが、暗号通貨のホワイトペーパーはほとんどが英語なので、慣れておくべきだと思います。

無理に日本語に直すから、わかりにくい部分とかもあって、英語の方がそのまますんなり入ってくる部分もあります!

次は、第2章の解説をしていきます!

それでは、また明日!