仮想通貨(暗号通貨)とは何?ビットコイン(BTC)って何?

ここ最近、「ビットコイン(BTC)」や「仮想通貨」、「暗号通貨」、さらには「ブロックチェーン」といった言葉が注目を集めていますよね。

金融に興味がある人もない人も一度は目や耳にした事があるのではないでしょうか。

しかし、ビットコイン(BTC)や仮想通貨の仕組みよりもまずは、「ビットコイン(BTC)や仮想通貨で何が出来るのか」と言う点が気になりませんか?

そこで、今回はビットコイン(BTC)や仮想通貨についてご紹介いたします!

仮想通貨とは?

仮想通貨とは正式には暗号通貨と言います。

仮想通貨(暗号通貨)とはインターネット上にしか存在しないお金の事です。

インターネット上にしか存在しない?と頭に「?」が浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

誰もが見たことのある日本円の1万円札やアメリカで使われている1ドル札のような紙幣や硬貨などは、実際にこの世界に実体があり、形として触れる事が出来ますよね。

それに対し、仮想通貨(暗号通貨)は実際にこの世界に形はなく、触れる事が出来なくインターネット上にしか存在していません。

もっと簡単に言うと、皆さんの中に交通系ICカード(PASUMOやSUICAなど)やセブンイレブンで発行されているNANACOカード等を持っている方、いますよね?

それぞれのカードにはお金をチャージして使います。

カードにチャージされたお金って実体は無いですけど、そのカードの中にはチャージされた分のお金(電子マネーとして)が入っており、その電子マネーを使って電車に乗れたりコンビニで商品が買えたりします。

そういった普段から使っている電子マネーの感覚に、仮想通貨は似ています。

もちろん電子マネーは事前にチャージされた分の金額でしか使う事が出来なく、1ポイント1円と言ったように価格(価値)が決まっていたり、チャージしているお金を送金したりする事は出来ませんが、仮想通貨の場合は、為替通貨のように価格(価値)が変動したり、持っている仮想通貨を国内外問わず送金したりする事が出来ます。

また、円やドルなどこの世界には様々なお金が存在するように、仮想通貨もたくさんの種類(数百種類)があります。

代表的な仮想通貨として皆さんが良く聞いたことのある「ビットコイン(BTC)」があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。